どのように、女性はうつを経験しますか?

鬱病は、男性より女性に、良くみられます。
生物的、ライフサイクル、女性に特有のホルモン、社会心理的要因などが、女性のをより高いうつ病率につなげているのかもしれません。
研究者は、ホルモン類が直接、感情と気分をコントロールする脳に影響を及ぼすことを示しました。
たとえば、女性は特に出産した後、ホルモンや身体的な変化は、新生児をへの新しい責任とともに、鬱病にかかりやすくします。
多くの新しい母は「ベイビーブルー」を経験します、しかし、そのうち何人かは分娩後、深刻なうつ病(活発な治療と感情的な支持を必要とする)を発症します。
研究では、産後鬱病を経験する女性は、お産の前に抑鬱性のエピソードを持ったケースを示唆しています。
また、一部の女性は月経前症候群(PMS)の重症型(月経前不快性障害(PMDD)とも呼ばれている)、一般的に排卵の周辺日または、月経の前に起こるホルモンの変化から生じている状態の影響を受けやすいのかもしれません。
更年期への移行の間、うつ病のリスクがあります。
科学者は、エストロゲンと他のホルモン類の周期的な上下が抑鬱性の病気とどう関係しているか調査しています。最後に、多くの女性は仕事と家庭の責任、子供、親、虐待、貧困との関係重圧に面していると言えるでしょう。
似たような大きな環境変化にかかわらず、一部の女性がうつ病を発症し他が発症しないかは、依然不明なままです。
 
鬱病は、男性より女性に、良くみられます。
生物的、ライフサイクル、女性に特有のホルモン、社会心理的要因などが、女性のをより高いうつ病率につなげているのかもしれません。
研究者は、ホルモン類が直接、感情と気分をコントロールする脳に影響を及ぼすことを示しました。
たとえば、女性は特に出産した後、ホルモンや身体的な変化は、新生児をへの新しい責任とともに、鬱病にかかりやすくします。
多くの新しい母は「ベイビーブルー」を経験します、しかし、そのうち何人かは分娩後、深刻なうつ病(活発な治療と感情的な支持を必要とする)を発症します。
研究では、産後鬱病を経験する女性は、お産の前に抑鬱性のエピソードを持ったケースを示唆しています。
また、一部の女性は月経前症候群(PMS)の重症型(月経前不快性障害(PMDD)とも呼ばれている)、一般的に排卵の周辺日または、月経の前に起こるホルモンの変化から生じている状態の影響を受けやすいのかもしれません。
更年期への移行の間、うつ病のリスクがあります。
科学者は、エストロゲンと他のホルモン類の周期的な上下が抑鬱性の病気とどう関係しているか調査しています。最後に、多くの女性は仕事と家庭の責任、子供、親、虐待、貧困との関係重圧に面していると言えるでしょう。
似たような大きな環境変化にかかわらず、一部の女性がうつ病を発症し他が発症しないかは、依然不明なままです。

米国国立精神衛生研究所 DEPRESSION BOOKLETより松島弘典・直子による直訳depression-publication-cover
 
米国国立精神衛生研究所:NIMH《 National Institute of Mental Health 》。米国国立衛生研究所の構成機関。1946年設立。メリーランド州ベセスダ所在。

「こころの耳」サイト更新状況