どんな病気が、しばしばうつ病と共存しますか?

しばしばうつと、他の病気と共存します。
そのような病気はうつ病に先行するか、うつを引き起こすかもしれないし、または、それの結果であるかもしれません。
うつ病と他の病気との因果関係は、その人と状況により違うようです。
いずれにしても、うつ病以外に起こっている他の病気も診断される必要があります。
不安障害(例えば外傷性ストレス障害(PTSD)、強迫性障害、パニック障害、社会的恐怖症と全般性不安障害)がしばしば、うつ病と並行する事がある。特に、PTSD患者は、うつ病を併発する傾向があります。
PTSDは、人が恐ろしいイベントまたは試練を(例えば激しい攻撃、天災、事故、テロリズムまたは軍の戦闘)経験したあと起こる、衰弱状態です。
PTSD患者はしばしば外傷となるイベントをフラッシュバック、記憶または悪夢で再体験します。
他の徴候として、外傷となる試練について考えたり、話すと、短気、怒り爆発、激しい罪の意識や回避しようとします。
米国立精神衛生研究所に関連調査によると、PTSDの40パーセントの人々は1ヵ月ないしは、4カ月の間隔でうつ病症状がその外傷となる事象後に見られました。アルコールまたは薬物濫用または依存もうつ病症状とともに起こりえます。
実際、気分障害と物質濫用がアメリカでは浸透していることを研究は示しました。
他の重い医学的な病気(例えば心臓病、脳卒中、ガン、hiv/援助、糖尿病とパーキンソン病)でもうつ病が併発します。
研究では、そのような重い病気に、うつ病を併発している人は併発していない人に比べ、その病気に加え、うつ病自体も重度の傾向があり、治療的にも困難で医療費も高くなりること示しています。一方、うつ病を治療することで、併発している他の病気の状態を良くするという事例を数多く報告しています。
 
しばしばうつと、他の病気と共存します。
そのような病気はうつ病に先行するか、うつを引き起こすかもしれないし、または、それの結果であるかもしれません。
うつ病と他の病気との因果関係は、その人と状況により違うようです。
いずれにしても、うつ病以外に起こっている他の病気も診断される必要があります。
不安障害(例えば外傷性ストレス障害(PTSD)、強迫性障害、パニック障害、社会的恐怖症と全般性不安障害)がしばしば、うつ病と並行する事がある。特に、PTSD患者は、うつ病を併発する傾向があります。
PTSDは、人が恐ろしいイベントまたは試練を(例えば激しい攻撃、天災、事故、テロリズムまたは軍の戦闘)経験したあと起こる、衰弱状態です。
PTSD患者はしばしば外傷となるイベントをフラッシュバック、記憶または悪夢で再体験します。
他の徴候として、外傷となる試練について考えたり、話すと、短気、怒り爆発、激しい罪の意識や回避しようとします。
米国立精神衛生研究所に関連調査によると、PTSDの40パーセントの人々は1ヵ月ないしは、4カ月の間隔でうつ病症状がその外傷となる事象後に見られました。アルコールまたは薬物濫用または依存もうつ病症状とともに起こりえます。
実際、気分障害と物質濫用がアメリカでは浸透していることを研究は示しました。
他の重い医学的な病気(例えば心臓病、脳卒中、ガン、hiv/援助、糖尿病とパーキンソン病)でもうつ病が併発します。
研究では、そのような重い病気に、うつ病を併発している人は併発していない人に比べ、その病気に加え、うつ病自体も重度の傾向があり、治療的にも困難で医療費も高くなりること示しています。一方、うつ病を治療することで、併発している他の病気の状態を良くするという事例を数多く報告しています。

米国国立精神衛生研究所 DEPRESSION BOOKLETより松島弘典・直子による直訳depression-publication-cover
 
米国国立精神衛生研究所:NIMH《 National Institute of Mental Health 》。米国国立衛生研究所の構成機関。1946年設立。メリーランド州ベセスダ所在。

「こころの耳」サイト更新状況