美容整形と化粧

美容整形と化粧は心理面ならびにどのようなアピアランスにするのかという点で、ある意味共通点と差異点がある。この二つを主に行うジェンダーは女性なのだが、社会的な変化とともにそれぞれに対する風潮も変わっているように思う。

まず化粧についてだが、私個人の化粧に対する考えというのは古典的なもので、異性を惹きつけるために行うものだと考えていた。一般(そうでないものも多いが・・・・)に動物の求愛が、雄ならば男性的で力強い表現をするし、雌ならば、母性的な子育てが上手だという部分をある程度強調するものだと考えている。したがって、この傾向は人間にもあるていど適用されるだろう。しかし、人間の男性なら現代なら力を象徴するお金であったりに異性は惹かれるものだとも考えている。まあ、ある意味実に即物的、生物的な概念を自分は持っていたといえる。ところが改めてこの領域を調べてみると、19世紀以降科学の進歩によって化粧というものが高度化、さらには20世紀に入ってメディアによる化粧広告の普及に伴って社会化したことにより、化粧品という道具を利用して人間の「見た目」に対する対応が大きく変わってきていると言える。21世紀の今、いまさら化粧についてそれを否定する意見など一般にはほとんど見かけない。化粧に関して批判的になるのは、いささか日本人的ではあるが、電車の中で化粧をする女性を見て、なんて恥知らずだって思う自分は、要は化粧をしている姿を晒していることが、「自分が化粧をしてそれを見ている人を特に異性として意識していない」「公共の場所で行うのはルール違反だ」って思うことであって、化粧その物を否定していない。化粧の時代的変化は、昭和初期は「薄化粧」が良いとされていたし、それ以前は、「白粉」「紅」「お歯黒」「髪型」って事とされていたが、時代とともに変わっているものだというのはみなお気づきのことでしょう。ただ、いまどき「髪型」を化粧の一つと入れる人はいないでしょうが、江戸時代は顔装飾の非常に大事な化粧の一部となっていたようです。江戸時代までといえば、紅の引き方、眉の書き方(剃っていた?)も今ほどバリエーションがあったとは思えない。要は、今ほど違った印象を他人に与えるほどの、技術(科学も含めて)はあったとはいえないのではないか。(化粧に関しては改めて書きたいと思う)

しかし、整形について改めて調べてみるとそこには、いろいろな心理的な要因がある。身体的欠陥(火傷等)を補うために行う整形もあるし、美容のための整形もある。「美容整形と化粧の社会学」谷本奈穂著によると、整形には大きく言えば、他者の為、社会への配慮とともに、最近では特に自己満足のためという動機が増えてきているらしい。個人的なイメージでは整形といえば「顔」に対するもが多いと考えていたが、それはむしろアジア的な発想で、欧米ではむしろ体型補正のための整形が多いらしい。要は、私の持っている整形含め、化粧という概念は狭くいが、整形や化粧には、「強調」「変化」「補正」といろいろな方面を含んで考えなければならないようだ。心理領域は化粧と整形はほぼ同じなのだが、決定的な違いは不可逆性。要は、化粧と違い整形は整形前の姿には基本戻せないこと。変身という願望に対しての決意が強いほど整形に進むようだ。身体的欠陥を補うために行う目的の整形派別として、それ以外の整形が他者の為ではなく、外見的変身をする決意が「自分のため」ということが多くの理由になっていることからも、私が持っていた異性にモテたい為という理由だろうという考えが、かなり的外れなのだということが分かりショックだった。

でも調べれば調べるほど、化粧ということを人間ほど頻繁にする動物は存在せず、科学まで使っているし、文化とか、文明と結びついていると感じる。茂木健一郎ではないが、化粧することは他人から見た自分をどれだけ意識しているかって言う領域で脳を使っているんだと思う。