電気療法

薬物や精神療法がうつを軽減しないケースには、電撃療法(ECT)は役に立つかもしれません。
ECT(以前「ショック療法」として知られている)は、かつて悪評を持ちました。
しかし、近年、大きく改善し、他の処置で改善できないような、厳しい鬱を持った人に、安心を与えることができます。
ECT処置を受ける前に、患者は筋弛緩薬を飲んで、短い麻酔をうけます。
そうすることにより、ECTの電気ショックを意識的には感じなくなります。
患者は、一般的に1週につき数回、ECTを受けて、しばしば、補助的にそして、再発を防ぐために抗うつ薬または精神安定剤を利用します。
患者によっては数回で良いかもしれませんが、通常最初は週に一度、ECTを受け、1年程度の間徐々に毎月へと処置が減少します。
ECTは、混乱、方向感覚の喪失と記憶喪失を含む若干の短期的副作用を引き起こす可能性があります。
しかし、これらの副作用は、一般的に処置のすぐ後、なくなります。
研究では、1年のECT処置の後、患者には悪影響を示しませんでした。
 
薬物や精神療法がうつを軽減しないケースには、電撃療法(ECT)は役に立つかもしれません。
ECT(以前「ショック療法」として知られている)は、かつて悪評を持ちました。
しかし、近年、大きく改善し、他の処置で改善できないような、厳しい鬱を持った人に、安心を与えることができます。
ECT処置を受ける前に、患者は筋弛緩薬を飲んで、短い麻酔をうけます。
そうすることにより、ECTの電気ショックを意識的には感じなくなります。
患者は、一般的に1週につき数回、ECTを受けて、しばしば、補助的にそして、再発を防ぐために抗うつ薬または精神安定剤を利用します。
患者によっては数回で良いかもしれませんが、通常最初は週に一度、ECTを受け、1年程度の間徐々に毎月へと処置が減少します。
ECTは、混乱、方向感覚の喪失と記憶喪失を含む若干の短期的副作用を引き起こす可能性があります。
しかし、これらの副作用は、一般的に処置のすぐ後、なくなります。
研究では、1年のECT処置の後、患者には悪影響を示しませんでした。
 

米国国立精神衛生研究所 DEPRESSION BOOKLETより松島弘典・直子による直訳depression-publication-cover
 
米国国立精神衛生研究所:NIMH《 National Institute of Mental Health 》。米国国立衛生研究所の構成機関。1946年設立。メリーランド州ベセスダ所在。

「こころの耳」サイト更新状況