精神療法

うつ病には、精神療法または「談話療法」などが効果的です。
個人の状況により、短期(10~20週)の療法もあれば、長い療法もあります。
精神療法の内、認識行動療法(CBT)と、対人関係治療(IPT)がうつ病に効果的であるとされます。
CBTは、新しい考え方を教え、また、ふるまうことによって、うつ症状に関係する否定的な考え方を変えるよう助けます。
IPTは、鬱を引き起こす、もしくは悪化させるかもしれない人間関係について理解させ、改善するのを助けます。
軽度から中度の鬱病には、精神療法は最高の処置オプションであるかもしれません。
しかし、大うつ病や特定の人には、精神療法では十分でないかもしれません。
研究は、思春期の若者には、薬物と精神療法の組合せが大うつ病の治療、そして、再発を減らすことに最も効果的アプローチであることを示しました。同様に、シニアの鬱病治療を調べた調査では、最初から薬物とIPTの併用療法を行い、少なくとも2年の間続けたならば、再発する可能性が少ないことが、明らかになりました。
 
うつ病には、精神療法または「談話療法」などが効果的です。
個人の状況により、短期(10~20週)の療法もあれば、長い療法もあります。
精神療法の内、認識行動療法(CBT)と、対人関係治療(IPT)がうつ病に効果的であるとされます。
CBTは、新しい考え方を教え、また、ふるまうことによって、うつ症状に関係する否定的な考え方を変えるよう助けます。
IPTは、鬱を引き起こす、もしくは悪化させるかもしれない人間関係について理解させ、改善するのを助けます。
軽度から中度の鬱病には、精神療法は最高の処置オプションであるかもしれません。
しかし、大うつ病や特定の人には、精神療法では十分でないかもしれません。
研究は、思春期の若者には、薬物と精神療法の組合せが大うつ病の治療、そして、再発を減らすことに最も効果的アプローチであることを示しました。同様に、シニアの鬱病治療を調べた調査では、最初から薬物とIPTの併用療法を行い、少なくとも2年の間続けたならば、再発する可能性が少ないことが、明らかになりました。

米国国立精神衛生研究所 DEPRESSION BOOKLETより松島弘典・直子による直訳depression-publication-cover
 
米国国立精神衛生研究所:NIMH《 National Institute of Mental Health 》。米国国立衛生研究所の構成機関。1946年設立。メリーランド州ベセスダ所在。

「こころの耳」サイト更新状況