抗うつ薬のFDA(アメリカ食品医薬品局)警告

SSRIと他の抗うつ薬の相対的な安全性と人気にもかかわらず、ある研究では、特に思春期の若者とヤングアダルトに、想定していない影響を及ぼすかもしれないことを示唆しました。
2004年に、食品医薬品局(FDA)は約4,400人の子供たちと若者が関係した、抗うつ薬の発表、未発表を含む臨床試験の徹底的なチェックを行いました。
チェックで、抗うつ薬を服用したの4%が、偽薬を服用した人々の2%と比較して、自殺(実際には自殺が起こらなかったが)を考えるか、試みることが分かりました。
この情報は、2005年に、FDAにすべての抗うつ薬物のラベルに抗うつ薬を飲んでいる子供たちと若者に、自殺の考えまたは試みをする潜在的リスク増加の可能性について警戒を促すよう警告しました。
2007年に、FDAは、全ての抗うつ薬物のメーカーに、この可能性をしめした文章に、年齢24までのヤングアダルトを含むよう、警告をするよう提唱しました。
「ブラックボックス」警告(箱に大きく警告する、たばこの健康に関する通知など)は、処方薬の警告で最も重大なタイプです。
警告では、全ての年齢の患者が、特に服用処置の最初の週の間に、密接にモニターされなければならないと強調しています。
特に注意すべき副作用は、うつの深刻化、自殺的な考えまたはふるまい、変わった行動(例えば通常の社会的状況からの不眠、動揺または、通常の社会環境からの撤退)などです。
家族、介護者も、患者を注意深いモニタリングする必要があり、小さな変化でも医者にも報告しなければなりません。
FDAからの最新の情報は、www.fda.govで見れます。
NIMHの資金提供による研究によると、1988~2006年に行わた広範囲の試験の結果は、抗うつ薬物は大うつ病と不安障害をもつ子供たちと若者に、効果が、危険を上回っていることを示唆しました。
また、FDAはSSRIまたはSNRI抗うつ薬を片頭痛のために一般的に用いられる「トリプタン」と併用すると、致命的な「セロトニン症候群」(動揺、幻覚、高い体温と急速な血圧変化)を引き起こすことがあるという警告を出しました。
MAOIも含む、新しい抗うつ薬も、他の薬物との併用は潜在的危険があります。
 
SSRIと他の抗うつ薬の相対的な安全性と人気にもかかわらず、ある研究では、特に思春期の若者とヤングアダルトに、想定していない影響を及ぼすかもしれないことを示唆しました。
2004年に、食品医薬品局(FDA)は約4,400人の子供たちと若者が関係した、抗うつ薬の発表、未発表を含む臨床試験の徹底的なチェックを行いました。
チェックで、抗うつ薬を服用したの4%が、偽薬を服用した人々の2%と比較して、自殺(実際には自殺が起こらなかったが)を考えるか、試みることが分かりました。
この情報は、2005年に、FDAにすべての抗うつ薬物のラベルに抗うつ薬を飲んでいる子供たちと若者に、自殺の考えまたは試みをする潜在的リスク増加の可能性について警戒を促すよう警告しました。
2007年に、FDAは、全ての抗うつ薬物のメーカーに、この可能性をしめした文章に、年齢24までのヤングアダルトを含むよう、警告をするよう提唱しました。
「ブラックボックス」警告(箱に大きく警告する、たばこの健康に関する通知など)は、処方薬の警告で最も重大なタイプです。
警告では、全ての年齢の患者が、特に服用処置の最初の週の間に、密接にモニターされなければならないと強調しています。
特に注意すべき副作用は、うつの深刻化、自殺的な考えまたはふるまい、変わった行動(例えば通常の社会的状況からの不眠、動揺または、通常の社会環境からの撤退)などです。
家族、介護者も、患者を注意深いモニタリングする必要があり、小さな変化でも医者にも報告しなければなりません。
FDAからの最新の情報は、www.fda.govで見れます。
NIMHの資金提供による研究によると、1988~2006年に行わた広範囲の試験の結果は、抗うつ薬物は大うつ病と不安障害をもつ子供たちと若者に、効果が、危険を上回っていることを示唆しました。
また、FDAはSSRIまたはSNRI抗うつ薬を片頭痛のために一般的に用いられる「トリプタン」と併用すると、致命的な「セロトニン症候群」(動揺、幻覚、高い体温と急速な血圧変化)を引き起こすことがあるという警告を出しました。
MAOIも含む、新しい抗うつ薬も、他の薬物との併用は潜在的危険があります。
 

米国国立精神衛生研究所 DEPRESSION BOOKLETより松島弘典・直子による直訳depression-publication-cover
 
米国国立精神衛生研究所:NIMH《 National Institute of Mental Health 》。米国国立衛生研究所の構成機関。1946年設立。メリーランド州ベセスダ所在。
 

「こころの耳」サイト更新状況