抗うつ剤

現在もっとも一般的な抗うつ剤は、神経伝達物質、特にセロトニンとノルエピネフリンと呼ばれている天然に存在する脳化学製品を正常化する働きがあります。
他の抗うつ薬には、神経伝達物質ドーパミンに作用するものもあります。
うつを研究している科学者はこれらの特定の化学物質がムードを管理することに関係しているとわかりました、しかし、正確な働き方までは解明されていません。
抗うつ薬物の最新で最も人気のあるタイプは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)と呼ばれています。
SSRIはフルオキセチン(プロザック)、シタロプラム(Celexa)、セルトラリン(Zoloft)等を含みます。Serotoninとノルエピネフリン再摂取抑制剤(SNRIs)はSSRIと類似していますが、venlafaxine:ベンラファキシン(抗うつ薬:セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害)、(Effexor:エフェクサー(抗うつ薬) )とduloxetine:デュロキセチン (抗うつ薬)、(Cymbalta:シンバルタ(抗うつ薬)を含みます。
がある傾向があるので、SSRIとSNRIsは以前の抗うつ薬、例えば化学構造命名されたとられた三環系抗鬱薬と、モノアミンオキシダーゼ阻害薬(MAOI)より副作用が少ないといわれているので人気があります。
しかし、薬物は、個体によって作用は違いますし、一つの薬が全ての人に適応するとは限りません。
したがって、人によっては、三環系抗鬱薬またはMAOIが、最良の選択であるかもしれません。
特に、MAOIを飲んでいる人々は、相互作用の起こりえる、食物と薬の制限を厳守しなければなりません。
彼らはチラミンを高水準を含む特定の食品を避けなければなりません。薬では鬱血除去薬がありますが、食品ではのチーズ、ワインとピクルスなどが挙げられます。
MAOIはチラミンと相互に作用して、脳卒中を起こしかねない急激な血圧上昇をもたらします。
医者は、患者にMAOと摂取すると危険な食品、薬と物質の完全なリストを渡さなければなりません。
全ての抗うつ薬は、完全な効果を表すためには少なくとも3~4週の間、定期的に服用をしなければなりません。
患者は気分が前より良くなっているとしても、、鬱病の再発を防ぐためには、医者によって指定された時間、薬物を飲み続けなければなりません。
薬物は、医者の指示の下で止められなければなりません。
薬物によっては、体の調整のために徐々に止める必要があるものもあります。
抗うつ薬は習慣性をもたらすことはありませんが、急に抗うつ薬を止めることは禁断症状をに似た症状または元の状態に戻ってしまうことがありえます。
慢性であるとか、再発性鬱病など、人によっては、無期限に薬物を摂取する必要があるかもしれません。
さらに、患者は、1つの薬物が作用しないならば、別のものをためすことを受け入れなければなりません。
NIMH資金による研究は、最初の薬で良くならなかった患者は、2つ目もしくは、1つ目に併用して別の薬を飲むことにより、改善するということを示しました。
患者が、うつ病以外に障害を持っているときには、抗うつ薬とともに覚醒剤、抗不安性薬物または他の薬物が使われる時があります。
しかし、抗不安性薬物も覚醒剤も単独では、うつ病に効果的でありません、そして、両方の薬とも医者の厳密な指示の下で行われなければなりません。
 
現在もっとも一般的な抗うつ剤は、神経伝達物質、特にセロトニンとノルエピネフリンと呼ばれている天然に存在する脳化学製品を正常化する働きがあります。
他の抗うつ薬には、神経伝達物質ドーパミンに作用するものもあります。
うつを研究している科学者はこれらの特定の化学物質がムードを管理することに関係しているとわかりました、しかし、正確な働き方までは解明されていません。
抗うつ剤抗うつ薬物の最新で最も人気のあるタイプは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)と呼ばれています。
SSRIはフルオキセチン(プロザック)、シタロプラム(Celexa)、セルトラリン(Zoloft)等を含みます。Serotoninとノルエピネフリン再摂取抑制剤(SNRIs)はSSRIと類似していますが、venlafaxine:ベンラファキシン(抗うつ薬:セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害)、(Effexor:エフェクサー(抗うつ薬) )とduloxetine:デュロキセチン (抗うつ薬)、(Cymbalta:シンバルタ(抗うつ薬)を含みます。
SSRIとSNRIsは以前の抗うつ薬、例えば化学構造から命名されたとされる三環系抗鬱薬と、モノアミンオキシダーゼ阻害薬(MAOI)は副作用が少ないといわれているので人気があります。
しかし、薬物は、個体によって作用は違いますし、一つの薬が全ての人に適応するとは限りません。
したがって、人によっては、三環系抗鬱薬またはMAOIが、最良の選択であるかもしれません。
特に、MAOIを飲んでいる人々は、相互作用の起こりえる、食物と薬の制限を厳守しなければなりません。
彼らはチラミンを高水準を含む特定の食品を避けなければなりません。薬では鬱血除去薬がありますが、食品ではのチーズ、ワインとピクルスなどが挙げられます。
MAOIはチラミンと相互に作用して、脳卒中を起こしかねない急激な血圧上昇をもたらします。
医者は、患者にMAOと摂取すると危険な食品、薬と物質の完全なリストを渡さなければなりません。
全ての抗うつ薬は、完全な効果を表すためには少なくとも3~4週の間、定期的に服用をしなければなりません。
患者は気分が前より良くなっているとしても、、鬱病の再発を防ぐためには、医者によって指定された時間、薬物を飲み続けなければなりません。
薬物は、医者の指示の下で止められなければなりません。
薬物によっては、体の調整のために徐々に止める必要があるものもあります。
抗うつ薬は習慣性をもたらすことはありませんが、急に抗うつ薬を止めることは禁断症状をに似た症状または元の状態に戻ってしまうことがありえます。
慢性であるとか、再発性鬱病など、人によっては、無期限に薬物を摂取する必要があるかもしれません。
さらに、患者は、1つの薬物が作用しないならば、別のものをためすことを受け入れなければなりません。
NIMH資金による研究は、最初の薬で良くならなかった患者は、2つ目もしくは、1つ目に併用して別の薬を飲むことにより、改善するということを示しました。
患者が、うつ病以外に障害を持っているときには、抗うつ薬とともに覚醒剤、抗不安性薬物または他の薬物が使われる時があります。
しかし、抗不安性薬物も覚醒剤も単独では、うつ病に効果的でありません、そして、両方の薬とも医者の厳密な指示の下で行われなければなりません。

米国国立精神衛生研究所 DEPRESSION BOOKLETより松島弘典・直子による直訳depression-publication-cover
 
米国国立精神衛生研究所:NIMH《 National Institute of Mental Health 》。米国国立衛生研究所の構成機関。1946年設立。メリーランド州ベセスダ所在。

「こころの耳」サイト更新状況