子供たちや若者はどううつを経験しますか?

科学者と医者は、子供たちのうつの危険性を認識し始めました。
小児期鬱病が特に無処置ならば、しばしば持続して、成人期まで続く傾向があることを研究は示しました。
小児期鬱病は、成人期のよりひどい病気の予測因子である傾向があります。
鬱病の子供は、仮病であるか、学校に行くことを拒否するか、親にしがみつくか、親が死ぬと心配するもしれません。
年上の子供たちは、すねるとか、学校でトラブルに巻き込まれるとか、否定的で落ち着きがなく、誤解されていると感じるかもしれません。
これらも、彼らの発達上の通常の気分変化のサインと見られがちなので、正確に若者を鬱病と診断することは難しいかもしれません。
思春期以前に、うつ病性障害を男女に関係なく等しく発症する可能性があります。
しかし、年齢15までの女の子は男の子の二倍、大きな抑鬱性の発症リスクがあります。
少年と少女が、成人になる大きな変化の過程、すなわち、親とは別のアイデンティティを形成し、性問題で悩み、初めて自分の人生の決断をするときに経験しがちです。
青春期のうつは、他の障害、例えば不安、破壊的なふるまい、摂食障害または薬物濫用を、しばしば併発します。
また、自殺のリスク増加にもつながります。
NIMH資金による臨床試験は、大うつ病439人の若者の実験では、薬物と精神療法の組合せが最も効果的処置であると示しました。他のNIMH資金による研究者は、早めの診断と処置や、自殺に至る考え方を研究することによりで子供たちと若者の自殺を防ぐ方法を開発していて、テストしています。
 
科学者と医者は、子供たちのうつの危険性を認識し始めました。
小児期鬱病が特に無処置ならば、しばしば持続して、成人期まで続く傾向があることを研究は示しました。
小児期鬱病は、成人期のよりひどい病気の予測因子である傾向があります。
鬱病の子供は、仮病であるか、学校に行くことを拒否するか、親にしがみつくか、親が死ぬと心配するもしれません。
年上の子供たちは、すねるとか、学校でトラブルに巻き込まれるとか、否定的で落ち着きがなく、誤解されていると感じるかもしれません。
これらも、彼らの発達上の通常の気分変化のサインと見られがちなので、正確に若者を鬱病と診断することは難しいかもしれません。
思春期以前に、うつ病性障害を男女に関係なく等しく発症する可能性があります。
しかし、年齢15までの女の子は男の子の二倍、大きな抑鬱性の発症リスクがあります。
少年と少女が、成人になる大きな変化の過程、すなわち、親とは別のアイデンティティを形成し、性問題で悩み、初めて自分の人生の決断をするときに経験しがちです。
青春期のうつは、他の障害、例えば不安、破壊的なふるまい、摂食障害または薬物濫用を、しばしば併発します。
また、自殺のリスク増加にもつながります。
NIMH資金による臨床試験は、大うつ病439人の若者の実験では、薬物と精神療法の組合せが最も効果的処置であると示しました。他のNIMH資金による研究者は、早めの診断と処置や、自殺に至る考え方を研究することによりで子供たちと若者の自殺を防ぐ方法を開発していて、テストしています。

米国国立精神衛生研究所 DEPRESSION BOOKLETより松島弘典・直子による直訳depression-publication-cover
 
米国国立精神衛生研究所:NIMH《 National Institute of Mental Health 》。米国国立衛生研究所の構成機関。1946年設立。メリーランド州ベセスダ所在。

「こころの耳」サイト更新状況