どのように、シニアは、うつ病を経験しますか?

うつは老化と通常関係ありません、調査では、年齢とともに増加した病気にもかかわらず、大部分のシニアが自分の人生に満足していると感じていると示します。
しかし、シニアにうつがあるとき、一般に比べて、悲しみも経験豊富な分だけ、認めない可能性が高く、見過ごされることがあります。そのうえ、年配者には心臓病、脳卒中またはガンのようなうつを引き起こす状況があるかもしれませんし、うつを引き起こす副作用のある薬物を飲んでいるかもしれません。
一部の年上の大人は一部の医者が血管性うつ病を経験するかもしれません。そして、また、動脈硬化性うつ病または皮質下虚血性鬱病と呼ばれています。
血管に柔軟性が無くなり、時間とともに欠陥が硬化して、締めつけられたようになると脈管うつが起こるかもしれません。
血管硬化は、脳を含む体の器官に、通常の血液循環の妨げになります。
血管性うつ病により循環器疾患を併発するかもしれません。自殺率が高いと一般に思われる若い白人男性より、実は85歳以上の男性の自殺率が一番高いのです。
これらの自殺者が彼らの死の1ヵ月以内にしばしば医者を訪ねるという事実にもかかわらず、医者はうつ病を察知できないのです。年輩でうつ病の人には抗うつ薬、精神療法または両方の組合せで治療を受ければ大多数は改善します。
研究は、薬物単体ももちろん、併用療法も年配者の抑鬱性の再発の率を減らすことに効果的であることを示しました。
年配者には、精神療法だけでも、鬱病にかからない期間を長くすることに効果的であります、このことは特に抗うつ薬物を飲むことができない、もしくはしない人々に役立ちます。
 
うつは老化と通常関係ありません、調査では、年齢とともに増加した病気にもかかわらず、大部分のシニアが自分の人生に満足していると感じていると示します。
しかし、シニアにうつがあるとき、一般に比べて、悲しみも経験豊富な分だけ、認めない可能性が高く、見過ごされることがあります。そのうえ、年配者には心臓病、脳卒中またはガンのようなうつを引き起こす状況があるかもしれませんし、うつを引き起こす副作用のある薬物を飲んでいるかもしれません。
一部の年上の大人は一部の医者が血管性うつ病を経験するかもしれません。そして、また、動脈硬化性うつ病または皮質下虚血性鬱病と呼ばれています。
血管に柔軟性が無くなり、時間とともに欠陥が硬化して、締めつけられたようになると脈管うつが起こるかもしれません。
血管硬化は、脳を含む体の器官に、通常の血液循環の妨げになります。
血管性うつ病により循環器疾患を併発するかもしれません。自殺率が高いと一般に思われる若い白人男性より、実は85歳以上の男性の自殺率が一番高いのです。
これらの自殺者が彼らの死の1ヵ月以内にしばしば医者を訪ねるという事実にもかかわらず、医者はうつ病を察知できないのです。年輩でうつ病の人には抗うつ薬、精神療法または両方の組合せで治療を受ければ大多数は改善します。
研究は、薬物単体ももちろん、併用療法も年配者の抑鬱性の再発の率を減らすことに効果的であることを示しました。
年配者には、精神療法だけでも、鬱病にかからない期間を長くすることに効果的であります、このことは特に抗うつ薬物を飲むことができない、もしくはしない人々に役立ちます。

米国国立精神衛生研究所 DEPRESSION BOOKLETより松島弘典・直子による直訳depression-publication-cover
 
米国国立精神衛生研究所:NIMH《 National Institute of Mental Health 》。米国国立衛生研究所の構成機関。1946年設立。メリーランド州ベセスダ所在。

「こころの耳」サイト更新状況